ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーを使ってみたいと思ったら、誰もが目にするのはまず金額です。

安いに越した事はありませんが、飲んでいく水そのものにも目を向けてみて下さい。


いろんな種類がありますので、飲んでみたい水かどうかというのも選ぶ時には考えておきたいものです。

大きく分けると、天然水、RO水、そして天然水にRO水を加えているタイプの三種類となります。
天然水は文字を見ているだけでも何となくイメージがつきやすいですが、よく見かける何とか山の水というように特定の水源地から採水をした水です。地下で滞留している間に溶け込んだミネラル分などが豊富な水で、化学処理などは行われていないために安心感もあります。
そしてRO水というのはRO膜というミクロの細かなフィルターを通してろ過された水です。



一般的なフィルターでは除去できない不純物などもろ過してくれていますが、その代わりミネラル分などは一切含まれていません。



純水に限りなく近い水となっているのが特徴です。



そのRO水に後からミネラルなどを添加した水もありますが、これはデザインウォーターという風に呼ばれていることもあります。
また、硬水か軟水かという分類もウォーターサーバーを選ぶ時にはよく考えたいものです。

普段飲んでいる水は軟水である事が多いですが、ウォーターサーバーで取り扱われている水の殆どは軟水となっています。

自分がどんな水を飲みたいのか、料金面以外の所も見ておくようにしましょう。